サトニクラス

  • 里を知る
  • わたしたちの仕事
  • 商品を見る
  • お問い合わせ
  • 参加する
  • 里だより

2016.12.01

本格樽漬物の案内を送付しました

本格樽漬物について、賛助会員・正会員・宅配会員の皆様へ送付いたしました。もし、届くはずの申し込み用紙が届かないという方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ないのですが、サトニクラスへご一報ください。

以下に、サトニクラスの住所・連絡先を記しておきます。

〒061-0500
樺戸郡月形町字当別原野(旧雪の聖母園成人寮)

電話/FAX:0126-35-1235
Mail:npo@satoniclass.com

2016.12.01

サトニクラス流大根の活け方・切り干し大根作業の様子

里の知恵をもとに、冬季に大根を外で保存する方法を紹介

IMG_2706

IMG_2715

どうやらサトニクラスの周りの雪も、今日の暖かさで溶けきらなければ根雪となってしまいそうです。早くも冬の装いのサトニクラスです。

 

さて、今年は雪が早かったため、大急ぎで大根を収穫し、すでに数週間前に大根の保存を済ませました。今回は、そんな大根の保存方法を簡単に紹介します。

 

 

IMG_2711

雪の聖母園内の敷地を借りて、畑に大根を活けています。活けるというのは、どういうことか。それがこちらになります。

IMG_2712

写真見づらいかもしれませんが、雪がこんもり山になっているところに大根を保存しています。雪の下に大根を置くことで保温が期待でき、常温保存よりも大根をうまく長持ちさせることができます。

 

活け方

雪が降る前に畑に籾殻をまいて、その上に大根を、葉を上に根を下にして、まっすぐ立てます。活け終わったら、活け大根の周囲に溝を掘り、活け大根の側面には籾殻を積み上げます。そしてその上から土をかけて、雪が降るのを待つだけです。細かいところにいろいろとコツがあるのですが、そこは農家さんによって違ったりすると思います。

 

活け大根は、雪の中から掘り出す作業が冬の事業所にとっての作業にもなりますし、重要な原材料でもあります。里の知恵を借りて、これからも皆さんに漬物をお届けします。

 

切り干し大根の作業

IMG_2702

IMG_2701

厨房では、切り干し大根の作業も行っています。

IMG_2703

切り干し大根は冬の重要な仕事の一つです。少しずつ試行錯誤を加えながら、取り組んでいます。

PAGE TOP
  • ホーム
  • 里を知る
  • 私たちのしごと
  • 商品を見る
  • 里だより
  • 参加する
  • お問い合わせ
  • 法人概要

Copyright @ サトニクラス All Rights Reserved.