サトニクラス

  • 里を知る
  • わたしたちの仕事
  • 商品を見る
  • お問い合わせ
  • 参加する
  • 里だより

2018.09.28

告知:9/29月形「雪の聖母園祭」・9/30札幌「山鼻教会バザー」参加します

サトニクラスの出張販売のお知らせです。

明日29日は「雪の聖母園祭」、明後日30日は「山鼻教会バザー」に参加します。

当日は漬物や乾燥野菜を販売する予定ですので、お近くの方はぜひ足をお運びください。

2018.09.26

あなたのオリジナル浅漬け、作りませんか!?

……と、題しまして、直売所にて浅漬け体験イベントを実施いたしました。

180923_01

 

新鮮な大根と白菜を主役に、各種調味料とスパイスを用意。

180923_02

 

180923_03

 

180923_04

 

皆楽公園ご利用中の方を中心に、お子様から大人の方まで、多数の方にご体験頂きました!

180923_05

 

かぼす果汁で、さっぱり爽やかな味わいを楽しむもヨシ。

昆布の風味と歯ごたえを堪能するもヨシ。

180923_06

 

はじめて自分で手作りしたお漬物の味は、きっと格別なことでしょう!

180923_07

 

因みに私は、焼酎のお供に、唐辛子多めでピリ辛が好みです(蛇足)

 

 

 

 

まだまだ月形は花盛り。

浅漬け体験ブースの横では、職員と利用者で、お花のラッピング作業中。

180923_08

 

直売所ならではの、大変お求めやすい価格でご提供しております。

180923_09

 

そして野菜コーナーでは、只今かぼちゃの勢力拡大中!

180923_10

 

栗カボチャから、手のひらサイズでかわいい坊ちゃんまで、続々と入荷しております。

180923_11

 

月形にお越しの際は、是非直売所へお立ち寄りください!

 

サトニクラスレポーター・ホリ

2018.09.18

“いきる”こと

サトニクラスレポーターのホリです。

 

9月上旬の北海道は、色々な意味で大荒れとなりました。

台風21号の直撃。そして、直後の北海道胆振東部地震の発生。

厚真町周辺では、道内で史上初となる震度7という激しい揺れを観測。

これにより大規模な土砂崩れが発生し、甚大な被害が出てしまいました。

現在でも、復旧の目途は立っておりません。

 

被害に遭われた皆様と、そのご家族、そして関係者の方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

 

 

 

また、震源地にほど近い大規模火力発電所が被災し、それを起因として道内のその他の発電所が次々とダウン。

北海道全域がブラックアウトするという未曽有の事態をも引き起こしました。

01

 

「日本の場合、いつどこで大地震が発生してもおかしくはない」

 

平穏な日常を送る中で、つい、このことを忘れがちになってしまいます。

しかし、北海道も決して例外ではないということを、厳しい事実として提示されたのかもしれません。

 

 

 

 

「いつ電気が復旧するか分からない」

非日常的な”暗い夜”を過ごす中、多くの道民がこの不安感と闘っていたことと思われます。

02

 

結果だけを見れば、(被害の激しかった地域を除き)電気の復旧まで2、3日程度の日数で済みました。

 

が、

……もし、この停電が一週間、いえ、一か月続いていたとしたら、一体どうなっていたでしょう。

……もし、この災害が厳寒の真冬に発生したとしたら、どうなっていたでしょう。

それが、とてつもなく熾烈な状況下であるということは、想像に難しくありません。

 

便利にシステム化された近代的な住環境は、平時であれば、洗練され、スマートな生活環境を私たちに提供してくれます。

その一方で、今回のような異常事態となってしまったとき、この「便利さ」が、逆に牙を向けてくることもあります。

 

・ライフラインの管理を中央集中型にしてしまう危険性

・ライフラインに対し、私達一人ひとりの人的コントロールが及ばなくなる危険性

 

これらの”リスク”に対し、もっと真剣に考えねばならないと、この地震が人々に訴えかけているように感じてなりません。

 

 

 

 

私たちサトニクラスの活動の一つの側面として、

「古くから伝わる、農村における食文化や暮らし方を伝承していく」

という大きなテーマがあります。

03

 

これらの文化は、都市部では勿論、近代化された農村の生活の中からも、徐々に失われつつあるものです。

しかし、この古くから伝わるノウハウを要約するならば、

「ライフラインを一人一人が自分の手で確保する方法」

と表現することもできます。

 

例えるなら、冷蔵庫がなくても保存できる食糧の維持、そしてその加工方法を知ること。

例えるなら、外部エネルギーに依存されない、手動式ポンプの井戸や薪ストーブを導入しておくこと。

例えるなら、すぐに地域の仲間と結束できるコミュニティの強さを築き上げること。

 

そして、これらを実践しながら生活することが出来る、土壌、土地柄、地域を守ること……

04

 

先に述べた”リスク”を考えたとき、これら古き農村の文化を受け継ぎ、そして発展させていくことは、人々にとって非常に有益なリスク対策となってくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

「人が活きる」、里の暮らし。

一人ひとりが、暮らしの中で活躍できる環境を創り上げること。

 

そして、

 

「人が生きる」、里の文化。

一人ひとりが、しっかり生き延びることができる文化を守ること。

 

05

 

サトニクラスの活動は、この二つの”いきる”というキーワードが、根源的なテーマと言えるのかもしれません。

2018.09.03

トマトイベントに参加させていただきました

9月1日。
前週の金魚まつりに続き、この日の月形の里も、賑やかな様相を見せてくれました。

コテージガーデン様主催で、「トマトイベント2018卒業」が催されました。

01

 

今年で第10回目となる本イベントは、一部の間では「インスタ映えするイベント」としても有名になり、来場者数約800人規模という催しに成長いたしました。

01-2

しかし、”卒業”のサブタイトルが称する通り、皆様に惜しまれつつも今回で最後の開催となります。

 

 

 

そんな、記念すべき最後のトマトイベントに、サトニクラスも出店者として参加させて頂きました。

02

 

当会の乾燥野菜とお漬物、そして直売所でお馴染みの、新鮮野菜やお花などを販売。

03

 

04

 

05

 

午後には完売品目も増え、沢山のお客様にお買い上げいただきました。

06
ありがとうございました。
お買い上げいただいた皆様に、ささやかながら「里の食」を楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

 

天気にも恵まれた、最後のトマトイベント。

07

 

09

 

沢山の来場者の方に見送られながら「卒業」してゆきました。

10

 

コテージガーデン様、イベントスタッフの方々、そして沢山の来場者の方々。
重ねまして、ありがとうございました。

トマトイベントは今年度で卒業してしまいましたが、これからも月形の里を、よろしくお願いいたします。

 

サトニクラスレポーター・ホリ

PAGE TOP
  • ホーム
  • 里を知る
  • 私たちのしごと
  • 商品を見る
  • 里だより
  • 参加する
  • お問い合わせ
  • 法人概要

Copyright @ サトニクラス All Rights Reserved.