サトニクラス

  • 里を知る
  • わたしたちの仕事
  • 商品を見る
  • お問い合わせ
  • 参加する
  • 里だより

2019.10.15

ご利用ありがとうございました。直売所「花の里月形」の営業は10月20日まで。

花と野菜の直売所「花の里月形」は、

今週末、10月20日(日)をもって今季の営業を終了いたします。

町民の方々、温泉、キャンプ場ご利用の皆様をはじめ

多くのお客様に支えられて今季も営業出来ました。

心から感謝申し上げます。

今年は、最近のキャンプブームや、札幌圏のキャンプ場の「クマ騒動」の効果(?)もあり、キャンプ場ご利用のお客様のご利用が増えました。

 

 

 

 

スタッフ一同ご来店の方には、できる限りご要望にお答えできるよう

努力してまいりました。

来季も月形町の皆楽公園で、ご家族やお友だちとの良い思い出を

持ち帰れるようにお手伝いできたら幸いです。

2019.10.09

11月10日(日)「第8回漬物祭り」開催します!!

例年好評いただいているサトニクラス恒例の「漬物祭り」

11月10日(日)月形町 はな工房多目的ホールにて開催します。

 

(昨年のひとコマ)

10時開場   13:30終了

今年のテーマは  「健康を食べる」

農林水産大臣賞を受賞した

だったんそばで有名な札幌の老舗そば店「長命庵」様が

だったんそばを提供してくれます。

長命庵hpはこちら⇒ http://www.choumeian.com/

だったんそばは、血糖値・血圧を上げるというルチンという成分が

普通そばの100倍含まれてると、近年注目されています。

もうひとつの注目イベント「北の発酵塾」

今年は、手軽に糠漬けを作れる「漬物仙人」の体験コーナー

製造メーカーの さくら農研 今野社長自らがレクチャーします。「漬物仙人」を使った簡単ぬか漬けを体験させてくれます。

もちろん、恒例の漬物バイキングも一段とパワーアップして

皆様のご来場をお待ちしています。

。。。j

 

 

 

 

 

2019.10.07

オトギリソウの花

 

秋の暮れ、、、

なかなか珍しいオトギリソウの花が、工房のまわりに咲いていました。

 

北海道固有種、エゾノコンギクとオトギリソウのコンビネーション。

 

そしてこちらが、外来種のユウゼンギクです。

パッと見とてもよく似てて紛らわしいですね。

 

サトニクラスレポーター・ホリ

2019.09.25

速報!!「わが村は美しく」大賞に選ばれました!!

北海道開発局が主催する”「わが村は美しく-北海道」運動第9回コンクールにて、サトニクラスが大賞に選ばれました。
北海道開発局のHP  ↓ https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/ns/nou_sin/ud49g7000000emhm.html#s2

今年2月には全道各地の12団体とともに優秀賞をいただきましたが、今回はその中から真狩高校様と当サトニクラスが大賞に選ばれたということです。
この賞は、北海道の農山漁村の発展に寄与する活動に対し与えられるもので、大賞はその中でも先導性、モデル性の高さが評価されたという事です。

昨日(9月24日)、同局札幌開発建設部の担当いただいている方が来町され、受賞の通知文書とともに11月11日に札幌で行われる表彰式のご案内をいただきました。

このたびの受賞は、我がサトニクラスの活動を評価いただき大きな励ましを戴いたと心より感謝いたします。課題山積みの中で、もがきつつ歩んできた私たちの道は間違いではなかったと、改めて確信しました。

これまでともに歩んできた仲間たちと、サトニクラスで働いてくれている利用者の皆さん、そしてサトニクラスを支えてくれた役員、会員の皆さん、そしてサトニクラスの活動に関わってくれた全ての皆さんとともに、この受賞を喜びたいと思います。有難うございました。

特定非営利活動法人サトニクラス    代表理事      楠 順一

 

2019.09.22

秋色の楠農園と札沼線

9月下旬。

月形の田園風景は、もうすっかり秋色です。

 

稲穂に、、、

 

大豆に、、、

 

ススキに、、、

 

キンノエノコログサ。

いたるところで、景色が金色に染まりはじめました。

 

 

 

そして、秋といえば稲刈り!

我らがサトニクラス代表、楠さんの農園でも稲刈作業に突入、、、
ということで、早速お邪魔して、その雄姿を収めさせていただきます(笑)

 

 

ザザーッとグレンタンクへ。

 

少しだけ、玄米をお裾分けして頂きました。ありがとうございます!

 

 

稲刈り作業中に、農園敷地内をJR札沼線の車両が通過していきました。

ご存知かと思われますが、来年5/7を以て、JR学園都市線こと札沼線の非電化区間が廃止となります。

馴染み深く、また、大変思い入れの強い路線だけにとても残念ですが、JR北海道の現状を考えると、やむを得ない流れなのかなとも思います。

 

札沼線は嘗て、その名のとおり札幌(桑園)~沼田(石狩沼田)を結ぶ路線で、函館本線のバイパス的な役目を担っておりました。

今では考えられませんが、全盛期には、羽幌炭鉱から運搬される石炭輸送のための長大編成貨物列車なども運行していたそうです。

昭和47年には新十津川~石狩沼田間が廃止。

そしてこの度、48年の時を経て、とうとう医療大~新十津川間も廃止へ。

 

石狩平野の田園地帯を国鉄型のDCがトコトコと進む、とても風情のある路線でしたが、この光景が見られるのもあと僅かです。

 


楠農園の稲穂とキハ40

 

札比内~豊ヶ丘間にて

 

同上

 

ここ十数年はキハ40が主担当ですが、一時期、急行型のキハ53が割り当てられていたこともありました。

また、現在は道東や道北でよく見かける、ステンレスボディのキハ54で運用されていたこともあったと記憶してます。

(キハ54 JR根室本線 上尾幌駅にて)

 

 

当時、幼稚園児くらい?だったのでカメラを持っているはずもなく、、、
残念ながら、札沼線での写真はありません。

 

サトニクラスレポーター・ホリ

PAGE TOP
  • ホーム
  • 里を知る
  • 私たちのしごと
  • 商品を見る
  • 里だより
  • 参加する
  • お問い合わせ
  • 法人概要

Copyright @ サトニクラス All Rights Reserved.